読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum

書きたいものを書けるときだけ書く備忘録

Daisuke Ono LIVE 2016「Unlimited Door」感想

D

Dライの感想を認めたファンレターを書く時間がなかなか取れずにいたら、2/1、小野さんがフリーランスとなったことでファンレターの送り先を失ってしまい、早くファンレター書いて出せば良かった……となっています、どうもこんばんは。


ということで、小野大輔さんのファン歴1年ちょっとのド新規が両日行って参りました「Dライ」ことDaisuke Ono LIVE 2016「Unlimited Door」@武D館。
f:id:orangea:20160117011020j:plain:w400

1日1回はM-ON!さんのレポート記事の写真を眺めているくらいにはDライが楽しかったし、おれパラからのDライを経て、完全なDロスです。過剰摂取による副作用がつらくて円盤や雑誌への浪費が止まりません(俯) 勿論、スカパー加入も済ませました…引っ越すときCSアンテナ付きマンション選んでいてよかった。

▼ありがとうM-ON!さん!
www.m-on-music.jp


ということで今更感満載ですが、ようやく感想書き終わりました。
「レポ」ではなく「感想文」というところがポイント。主観入り乱れまくりです。私はジャニオタ歴20年超のババアなので*1ところどころでジャニオタ臭も発していますが、その辺はお察しください。
あと基本スタイルは小野さんかわいいbotですが、盲信的なオタクではございませんのでご注意ください。

17日公演をメインに書いています。
ライブ感想文、多分5〜6年ぶりに書いた…。



両日ともに5~10分押しで開演。
16日は約2時間30分、17日は約2時間45分。予想通りの公演時間だけど、体感はあっという間だった。

1. OVERTURE

OVERTUREの曲はテクノっぽくて、カウントダウンの演出もわくわくする感じで、この煽る感じイイネイイネ!ってなったんだけど、映像が割りとダサめである。←

メインステ上段に現れたドアから赤と黒?のストライプ柄のマント羽織った小野さんが登場。
16日は小野さんを見た瞬間、脳内で「勝訴ーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!1」って相当沸いて、勝訴って筆で書いた紙持って狂喜乱舞してたんだけど(実際は初対面の隣の方と黄色い悲鳴上げてた)、翌日話してたらそうなったの私だけじゃなくてめっちゃ笑った。いやだって髪型も衣装も最高すぎたんだもの!!!!!現れた瞬間のビジュアルが最高だと、オタクのテンションも相当上がる。

2. Key of the mirror

マント脱いだらこれまた王子様すぎてガッツポーズしながら勝利の涙を流した(実際は隣の方と黄いr(ry
どこのアイドルグループの赤色センター様ですか!!!あの衣装、佐藤勝利*2が着ててもおかしくないです!!!でも見様によってはミッキーマウスです!!!世界の小野ミッキー大輔(マウス所属(※当時))、それはそれで有りです!!!衣装さん(SUGIさんだろうか…?)本当にありがとうございます。

チームDとバンドDの呼び込みして、全員で並んで上手下手正面にお辞儀するのまじ王子様だし座長感半端ねぇ。「Welcome to Unlimited Door!」も高まるね。曲終わりの振りが可愛かった…。

ビジュアルはもう文句ないんですけど、\D!D!/って煽りはどうかと思います。だs(ry
いやでも満面の笑みで行進しながらD煽りする小野さん幼児みあって可愛いから、それでも良いや…ってことで、このあとも至るところでD煽りしてたけど目を瞑ってツッコミを放棄しました(敗北

3. パノラマ・ミラー・ツアー

Key of the mirror来たから当然一曲目はパノラマですよね!良いセトリだと思います!(まだ2曲目)
あのビジュアル&衣装であのかわいい振り付け見れるとか、眼福すぎた。かわいかった。ほんっとーーーーーにかわいかった。あの小野さんならきっと丸呑みできる。

パノラマって小野さんにとってはちょっとキー高いのかな。両日とも高いキーのところで声出てなくて一曲目からこれで大丈夫かなって不安になったんだけど、声のプロに対して失礼だったかな。時間が経つにつれて声出るようになっていった印象。ただ喉が温まってなかっただけかしら。

4. Mission D

なんだろう円盤で見慣れた楽曲になったからなのか、ド頭から沸き続けた頭がスリープ状態に入ったようで余り記憶がない…。特筆すべきことがあったのかなかったのか…はて?
間奏のドアと映像を使った演出に凄く既視感があったんだけど、何だったか思い出せない。

5. Ride On Funky Night

DELIGHTおよびUP STAIRSってほんっとーーーーに名盤。会場が沸いて一気に盛り上がるよね。
昭和臭のするファンキーな楽曲大好きだよ…!

6. DELIGHT

DELIGHTおよびUP STAIRSってほんっとーーーーにm(ry
DELIGHTはおれパラでもやったけど、会場が黄~緑になったのが綺麗だったー!

アウトロがアレンジ入ってて、チームDのダンスコーナー。小野さん一旦暫し引っ込んだから衣装替えかなって思ったけど、上のジャケット脱いだだけだった。

7. MC

武道館もーす!!!!」から始まって、ソロライおめでとー!とかやりとり。
今日はここを武D館って呼ぶことにした小野さん。心が広い武道館さんは、「武D館って呼んで良いですか」って聞いたら「あ、いいですよ」って言ってくれたらしいよ!

そもそも「もす」とはなんぞやと、知らない方のために解説。
Lantisスタッフさんがデビューアルバム『ひねもす』を売るときに「ありがとうござい“もす”!」と言い始めて、そこから自分の代名詞になった、という嘘のような本当の話(笑)「俺は言ってなかったのに!(笑)でも今ではスタッフさんに感謝してます。楽しいよね、もすポンス」もすポンスて(笑)
16日は「男、もーす!」「37歳以上もーす!」「ティーンもーす!」とかあったな。37歳以上多くて心強かった。私はどれに対してももすポンスできなかったけど!

皆さんと共に歩んできたこの9年間を、集大成として込めたい思ってます。このDライに!皆、Dライって呼んでんだろ?知ってんだよ!(ドヤァ」いちいちドヤるのかわいいから!(憤怒
DラーイDラーイ…┗(*´∀`)┛…DELIGHT!DELIGHTの意味は【歓喜】【大いに喜ぶ】です!」Dライ→DELIGHTは本人もやっぱり思うんだね(笑)「今日はこの喜びを一緒に分かち合いましょう!

8. Distance

小野さん本当にDistance好きなんだな…今回やるとは思ってなくてびっくりした。

9. プルマ・シエロ

照明も映像(鳳凰…?)も赤メインだったから、順応性の高いオタクたちはキンブレも勿論赤にするわけで、上から見てて真っ赤に染まった会場がすっごく綺麗だった。
この曲は個人的にめっちゃKinKiのイメージだから、バックにチームDいても良かったのになーとは思う。

曲後に暗転して風の音がしばらく流れているなかで、水を飲んで小休憩な小野さん。

10. Lunar Maria

アレンジ神か!!!!!!!!!アコースティックアレンジっていうのかな。ラテン調というか、フラメンコ調というか、まじで最高。原曲よりこっちの方が好きかも。
でも中盤に上手サイドステージでフラメンコダンサー出てきてびっくりした(笑)

ルナマリのアンサーソングがプルマシエロだからこういうセトリになったんだと思うけど、神あそコーナー…って思ってた。あとKinKiコンみ感じてた(笑)

11. Evolution D

バンドD&ホーンDによるセッション。ホーンDのペット&サックスに「バナジュ!バナジュ!!」って沸いてしまうのは仕方がない。多分私達以外にも同じ沸き方した兼オタいると思う。←

小野さんアルミホイル(シルバーの衣装)キターーーーーーーー!!!!おまけに腰周りの不要だけど大事な大事な布!!!!ジャニオタテンションアップ↑↑↑もうほんっとにこの手の衣装はアイドルみあって最高に滾るね!アルミホイル衣装+ダンスナンバーは鉄板だから!!!まじ衣装さん分かってらっしゃる…。
小野さん白パンツ履くと下半身の肉付きが際立つねむちむち安産型かわいいよ!

12. 宇宙全時代Discotheque

Are you ready?」がイケボ!「ダンスタイムの始まりだー!!」の煽りでテンションMAX!おれパラ神戸現地もLVも行けなかったから、ダンスタイム待ってましたーーー!!ディスコティック超待ってましたーーー!!
あの程度なら初見でサビの振りを即踊れるジャニオタスキルありがとう。楽しかった。

16日カメラ目線でウィンクキメたのここだっけ?どこか覚えてないけど、ギャーーーーーーー!ってなったよ!小野さんってちゃんとウィンクできるんだね!できない系の人だと思ってた!なんかイメージ的に両目つぶっちゃいそうじゃない??友人も「えっ!Dってウィンクできるの?!」って驚いてたよ。

13. Kiss Kiss Kiss

もす!(もす!)もす!(もす!)もすもすもす!(もすもすもす!)からのキスキスキス!(キャー!!)の流れが好きすぎてな(笑) 小野さんももすポンスからのキスポンス(?)楽しそうですっげー可愛かった(笑)

しっかり劇団小野を入れてくるあたりが「らしい」なー!って。もう大草原不可避だよ。手ぇ叩いて笑ったわ。でも、それでこそ小野大輔なんですよね多分*3。期待を裏切らない小野大輔、惚れるわ。
キスちょーだい…」とか可愛かったけど、ところどころ完全に喘いでたよね。その声、BLCDで聞いたことあるよ。あと、割りとあられもない姿がモニターに映し出されていたね。小野さんの尻枕気持ちよさそうだな。自分でも何を言っているのかよく分からない。

あとさかなちゃんの投げちゅーがくっそかわいくて興奮した。俺にもちゅーくれさかなちゃん!!

ところで、劇団小野のエイトレンジャーみが半端なかった、よ…復活するときのSEとかエイトレンジャーで聞いたことある気すらするし。ねぇ、資料用に要堂から関8のライブDVD借りて*4見た??って問い詰めたいくらいだった(笑) だって一緒に入った友人も同じこと言ってたよ?!

13. 熱烈ANSWER

“腰をくねらせるセクシーなダンス”(M-ON! MUSIC ライブレポートより)では、おじいちゃん腰痛いの?ってなってごめん。大体腰痛いおじいちゃんかへっぴり腰に見えるけど、信仰心が強ければきっと\キャー!////ってなるんだよね。(別にdisってるわけではないです。笑)
私はとことん小野さん=かわいい思考で、色気は余り求めてないし感じていないらしい。なぜだろう…?数年前の髪長い頃の小野さんには色気を感じるんだが…己のかわいさを自覚した小野大輔がこわい。←

でも、間奏のダンスがキレッキレでびっくりした!凄い!こんなに踊れるんだ!!って感動すらした。そりゃ普段ジャニに触れてるからもっと踊れる37歳だって知ってるけど、ダンスを生業にしていない37歳でこんなに踊れるって凄いよ。D.A.Tちゃんでもそう思ってたけど、改めて素直にそう思う。あの振り付け考えて、「小野さんならできます!」って焚き付けてくれたさかなちゃんまじありがとう…。
間奏のオケはまじでホーンDが映える。金管楽器の音大好きだから、そのかっこいいオケで踊る自担が最高じゃないはずがないじゃないか!!!まじでたまらんかった!!!!

それに加えてガイコツマイク大好物だし、スタンドマイクプレイ大好物だし、色々ご馳走様でした。色気は半減してたけど(※好みの問題です)、CLUB「ANSWER」のカリスマスターは確かにそこに居たよ…!

14. teardrops

謎のヒーリングタイム(笑)を挟んで街灯とベンチのセットが出てきて、裕之さん&秀実さんとツカサさん&伽奈さんがそれぞれカップルを演じて(カップルの組み合わせは記憶が飛んだのでちょっと自信がない…メンバーは合ってると思うんだけど…)、その中心で小野さんが歌うというミュージカル風演出だった。某ミュージカルのために帝国劇場に10年くらい通ってた人間なので、ミュージカル耐性はあります。←

曲の終盤、ステージ中央でさかなちゃんから赤?ピンク?の傘を受け取って佇む小野さんを見て、右隣の友人が「トトロみたい…」とか言うから、頭のなかで

トトDはサカナから傘を貰いました。(中略)雨は止みましたが、ネコバスにゃーさんはまだやってきません。トトDはベンチに座ってのんびり待つことにしました。

ってナレーション付けながら見ていましたごめんなさい反省してません。衣装、中トトロ色だし。
一方、左隣の友人は「トトロいつ飛ぶかな…!」ってわくわくしていたとのこと(漏洩していくスタイル
▼参考画像
となりのトトロ イメージ・ソング集

15. 雨音

スモーク&星空みたいなキラキラなステージ演出って雨音だったっけ…?綺麗だった。

16. MC

雨音がデビューシングル、teardropsは雨音のアンサーソングという話の流れから、「武道館に雨を降らすことができて、雨男としてはこれ以上の幸せはありません」と。

今回のセトリ構成はそれぞれテーマがあるということで、解説。

  • パノラマ~DELIGHT:Dream
  • Distance~Lunar Maria:Dramatic
  • 宇宙全時代~熱烈ANSWER:Dance / Disco
  • teardrops~雨音:Dear

裏テーマは「アンサー」。最初のライブタイトル案もそうだった、と。
Dreamのイメージが「ようこそ.。.:*☆ってイメージ」って言ったところでカワイイイイイイイイイ!!!って会場が沸いて、「ありがと」からの「“可愛い”を受け入れられるようになりました」からの「あんま言うな!照れる!!」。かわいいの三段重ね。コノヤロウ。己のかわいさを自覚した小野d(ry

Dの付く言葉をたくさん調べたんですよ、Dictionaryで(ドヤァ」かわいい。
Dの付く言葉聞いちゃおっかなー」って言って、16日は叫び声を拾ってただけだったけど、17日は指名制になってびっくりした!あ、小野さんってそういうことするんだ!的な。そこそこ近くの人が指名されたので、その子の声を聞きに来たときが小野さんとの最接近で、まじありがとうございました。めちゃくちゃかわいかった。真っ白でもちもちしてた…大福みたいで美味しそうだった。
あとステージをセンター→上手サイド→下手サイドとトコトコ走り回る小野さんもくっそかわいかった…走ってるだけでかわいい37歳のおじさん*5ってなんなの…(頭抱え

  • Daisuki:「ありがとう。俺もDaisukiだよ!
  • Daisuke:「業界にはたくさんいるけど、小野のDaisukeは俺だけだ
  • Dynamite:「いつ爆発するか分からない!……でも俺に火を点けたのは、お前たちだぜ…?(イケボ
  • Delicate:「俺はデリケート!打たれ弱い!Mで通っているけど傷付いてる!みんな優しくしてね
  • Daibutsu(大仏):「俺は最早大仏。それくらい尊い存在!

本当に尊いひとは自分のことを尊いなんて言わないよ☆とか思ってごめんね!おまけに「DMM.com…」とか言っててごめんね!だって小野さんと言えばDMM.comでしょ間違ってないでしょ!

あと、Dで始まる曲が多いって話で、「Mission Dとか…」って言い出したときに「Dから始まってない…」って皆思ったよね???会場がざわってしたもん(笑) 天然愛しいわーーーーー!

Dictionaryを見ていて、今回のライブに相応しい【Decade:10年間】という言葉を見つけたということで、これからも歌を歌い続けたい、と決意の言葉で締めてDoorsへ。

17. Doors

おれパラもDライも、当時は深く考えずにこれからの音楽活動が楽しみだなぁってわくわくしながら聞いていただけだったんだが。
“新たな扉を開ける”って先のMCを含め何度かライブ中に言っていたり、Doorsは小野さんも作詞に携わっていることもあって、今となっては深読みしてしまう…。めんどくさいオタクだなって自覚はある。この曲はばらかもん/涼子ちゃんとの出会いから生まれたって話も雑誌か何かでしていたとは思うんだけど。

18. カラフルレンズ

16日はカラフルレンズのド頭で銀テ飛んだよね?カラフルレンズ大サビ明けのタイミングで銀テ飛ばしたら最高って想像してたからタイミングは違ったけど、おお!銀テきた!って思った。

カラフルレンズは後半戦もしくはアンコの盛り上げ曲に本当よく似合う。サビのワイパーも楽しい。

19. モノクロの虹

カラフルレンズからのモノクロの虹の流れ、おれパラと同じだね。これがパンフに書いてあったことだよね。おれパラのセトリがDライに繋がってるってやつ。ディスコティック→キスキスもそうか。
やっぱり対になった曲を連続でやるセトリだったんだなって遅まきながら確信。アンサーソングの方を先にやろうと思った意図が気になるなぁ。

20. 真夏のスピカ (16日)

最近初期曲あんまり聞いてなかったけど、好きなんですよスピカ…!正直スピカはやるとは思ってなかったから、めちゃめちゃ嬉しかった…!!

20. キンモクセイ (17日)

オレンジのキンブレでワイパー、ようやくできた。ずっとやりたかったんだ。

ライブ前にご飯食べているときに「おれパラみたいにガラッとセトリ&衣装変えてくるのかなー?」「スピカがキンモクセイに変わりそうじゃない?」って話をしていたんだけど、スピカ→キンモクセイ予想がドンピシャでまじか!ってなった。某さん凄い。

21. MC

センターステに移動して「ここに来ると、皆が近いんですよ」って言っていた。ありがとうありがとう。
16日はカラフルレンズで銀テ飛んだから、センターステに残ってた銀テを見て、「あ、テープ落ちてる。もす。って書いてある。あっ、これか!スタッフに『もす。って書いてください』って言われて、何に使うんですか?って聞いたら『いいから書け』って言われて…」なにその騙されて保証人にされた人みたいなエピソード(笑)
f:id:orangea:20160203032807j:plain:w400

10月からリハをやっていた。「10月・11月・12月の覚え方、小野Dらしいな?! October・November・Decemberで小野D月間だ!」なにそれ初めて知った。使うわ(笑)
ずっとリハをやっていたいくらい楽しかった、と。毎回スタッフさんが必ず「ちょーたのしい」って言ってくれたし、リハで既に泣いているスタッフもいた、と。小野さんまじ愛されている…!その愛され力は天性の才能なんだよね…ほろり。

Kiss Kiss Kissでいっぱい出てきた女の子たちはD-girls。「Dだよ!Eじゃないよ!Dだよ!!」(笑)
バンド、ダンサーさん、D-girls、フラメンコダンサーさん、スタッフさんも全員チームD。そして「武D館にいる皆もチームDだよ!」ですよねー!!!「皆で言ってみない?!いくよ?せーの!俺達が~~~ チーーームDだ!\(^O^)/」 ワーイ ヤッター ワタシモ チームDダー!(嬉しそうにしなさい)

皆が僕を応援してくれるのは嬉しいけど、僕も皆のこと応援してるぞ!僕にとっては、あなたたちがヒーローです!持ちつ持たれつ!!」この“持ちつ持たれつ”発言で、すっごい会場がざわざわしたのが面白かった(笑) なんだろう、キメきれない小野さんがとても愛しいんだ。そういうところがとても好き。
皆の声をこの武道館に響かせよう!世界に響かせよう!最後の曲です。ヒーロー

22. ヒーロー

おれパラでも聞いたけど、ソロライブで聞くとやっぱり違うね……ぐっときた。
曲中に「皆が俺の誇りです!」って叫んでて、私でも温かい気持ちになったから、ずーっと応援してる人は本当に嬉しい言葉だっただろうなぁって思う。
17日はふとMVを思い出して、涼子ちゃんは今どんな顔で見てるのかなー?って凄く気になった。

EC-1. ノスタルジア (16日)

グッズのもすT+グレーのパンツ。

ノスタルジアも好きな初期曲ですわーーーーーーそれにしても、どうして私が好きになる人たちは失恋曲が多いんだろうな!?(知らんがな

EC-1. Shinin' Days (17日)

グッズの水色Tシャツ+ジーパン。
出てきた瞬間、そのTシャツは絶対脇汗目立つ!って思ってまじごめん。でも予想は当たった(笑)

実際 こんな大きな武道館で キミだけ想う♪ キターーーーーーーーーーー!!!!そうだよね!やらないはずないよね!!武道館ver.めっちゃテンション上がった(笑)
お馴染みのツーステップがとても力強かった。今までより重心低かった。なんだろう、小野さんのツーステップって凄い独特だよね…あれだ、軽やかさゼロ(disってるわけではないです。笑)

EC-2. MC

スカパー特番のお知らせ。
告知を噛んでしまい、「ここは放送されない;;;」ぐぅかわ。「詳しくはそこにあるチラシ見て」雑(笑) でもスカパーでやるから円盤出しませんだけはやめてくださいお願いします;;;
テレビ映りが気になる小野さん。カメラに向かってキメ顔しつつ「カメラに映ってる自分、好きじゃないんですよね。どうかしてるくらい色白いしさ」(笑)「どんな顔したらいいか分かんない!天邪鬼だからカッコつけてって言われると変顔しちゃうんです」と変顔。からの、17日十四松キターーーーーーー!!!!まじでここの「ハッスルハッスル!」、一番歓声受けてたと思うよ…十四松人気半端ねぇな…ってちょっとゾッとした(笑)いや、自分も多分この2日間の最大音量の悲鳴上げてたけど(笑)

僕はずっと自分が嫌いで、自分じゃない人になれるから役者をやっていました。声優は声だけで何にでもなれるし、自分が外に出ないから、これだ!って学生のときに思って、それから15年間続けてきました。本当にね、自分が嫌いでした」ここで自嘲気味に笑う小野さんに、胸が締め付けられたよね…。
でも、最近ちょっと好きになってきたんです。俺の周りの人たちが素敵なんです。自分のことは嫌いなのに、自分の周りにいる人たちのことは大好きなんです。その人たちが、俺のことを好きって言ってくれるの!小野くん良いよ!って言ってくれるの!そうすると、自分に自信が持てるようになってくるんですよ」小野さんが素敵な人だから周りにも素敵な人が集まるんだよおおおお!!!!!!!!!(心の叫び)
熱烈ANSWER、訳分かんなくて面白いね!って言ってくれたりとかね(笑) あの頃からちょっとね、段々変わってきましたよね(笑)」自覚してらっしゃった(爆笑)
皆が僕に愛を与えてくれて、僕で遊んでくれて、僕の色は皆の色が重なってできた色なんです

話したいことはまだまだいっぱいあるんだけど、って前置きをして。
いーーーっぱいお花も貰いました。ジャングルみたいだった!!お手紙も貰ったし、LINEが矢のように飛んできました。埼玉の方からも来ましたよ」あああああああああああああああああああああおれパラ組いいいいいいいいい;;;;;;「故郷の高知県佐川町の商工会からも届いていて。もう何年も会ってない友達とか。それを見て、感極まってしまいました。この花の色が、僕をここまで育ててくれた、応援してくれた色なんだなって思っています
f:id:orangea:20160117155445j:plain:h200 f:id:orangea:20160117155401j:plain:h200 f:id:orangea:20160117155336j:plain:h200 f:id:orangea:20160117155409j:plain:h200 f:id:orangea:20160117155349j:plain:h200 f:id:orangea:20160117155340j:plain:h200
喋ってるうちに段々鼻がぐすぐすしてきて、「おのさんなかないで;;;」って思いながら聞いてたんだけど、両日堪えきったよね…ずーっと絶対泣くだろうなーって思ってたんだけどね。何回も涙声になったり鼻拭ったりしてたけど、落涙はしなくて、それ見てまた「泣かなかったね、えらいね;;;」ってなるヴァーチャルオカン。(ここでの叫び厨には心底D!A!M!A!R!E!!ってなりましたね(ニッコリ))

まぁ17日は本物のオカン(ママD)含め、家族&親戚の小野一族ご一行様が会場にいましたけど。ご両親とかどういう気持ちでここの話を聞いていたのかなーって気になったよねぇ…。

EC-3. canvas

初めて曲を聞いたときから、ありがとうって武道館で泣きながら歌う小野さんしか想像してなかったんだけど、実際どうだったのかな。モニター切ってるからね、この曲中。もしかしたら泣いてたかもしれないけど、声はしっかり出てたから泣かなかったのかな。アリーナ前方とはいえ、そこまでは見えないからね。双眼鏡使えば見えるだろうけど、なんか野暮かなって思って。

曲終わりに「僕を見続けてくれて、支えてくれて、育ててくれて、応援してくれて、ありがとう」って言ったときに、スーパーアイドル声優様;;;ってなった…。私は見続けてもいないし育ててもいないけど、ほんっとに根からのアイドルオタクだからこういう言葉、大好きなんだよ…。

EC-4. メンバー紹介

ホーンD → バンドD → チームD。

本当に小野さんはメンバーの皆がすきすきだいすきなんだなってことが、よーーーーーーく分かった。ひとりひとりの紹介(エピソード)が長いし、良い顔してるんだもんー。バンドDに「曲なにがすきー?」って聞いてるの、超幼児みあってかわいかった…。

宇田さんとcanvasをずっと居残り練習してて、本番でやっと完成したねって言ってるの聞いてなんだかじーんとしたのに、オタクの脳みそは忙しない。その数分後にマサキさんが「気持よくしてあげる♡」って言ったときに友人と「小野さんが掘られる…><!」って言ってごめん(笑) 因みにナオヤさんが跳びながらベース弾いてて凄いって話してたとき、私はジャニーズの自担の顔が過ぎっていました…。

TOYさんの娘ちゃん可愛かったけど、それ以上に「パパだよぉ♡」って言ったTOYさんが可愛かった(笑)
そしてひでみんこと秀実さん、初参加かと思いきやスポーツカーと絡んでたDELIGHT姐さんだったという衝撃の事実。「あの頃は女の子と目を合わせられなかったから、ずっと前を見てた!」って言ってたんだけど、「今は?今は??」ってざわつく私たち(笑)
おれパラ参加組は当然見知った顔なんだけど、ダンサーさんは裕之さんだけがチームD初参加だったとは驚き。小久保だからコッキーなのかな?コッキーって呼んでたよね??(難聴)
それにしても、美佳ちゃんさかなちゃん伽奈さん秀実さんと、女性ダンサーへの褒め言葉がナチュラルかつ無意識に口説き文句のようになっている小野さん……これが妖怪ひとたらしである。私の自担は揃いも揃って妖怪ひとたらしか!妖怪ひとたらし大好きだよ!!

もっと踊ろうぜー!声出そうぜー!騒ごうぜー!これが本当に最後の曲だー!!だいすきー!!!

EC-5. だいすき

ずっとだいすき踊りたかったから、やっと踊れて嬉しかった!絶対だいすきはやると思ってたけど!
しかしチームDとD-girlsが持ってるポンポン棒の手作り感&安っぽさが激しく気になった(笑)

最後は昇!龍!拳!のとこで、何歳まで昇龍拳知ってるんだろう…ってなったババアである。

最後の〆が10回跳び&生声挨拶で、おれパラ〆な小野さんが愛しかった。小野さんの音楽活動を主に形造ってきたものがおれパラだということがよく表れていた気がする。
だから!なんで!プリライと!Dライを!カブセた!?!?!?!?森久保、鈴村両氏にも見て欲しかった!!!(勿論みっちゃんもだけど…)円盤のオーコメで絶対行く!的なことを言っていたのに!!そりゃあプリライがカブってなくてもお仕事で都合つかなくて行かなかったって結果になっていたかもしれないけど、でもそういうことじゃないんだよおおおお(ダンッダンッ

17日は最後の最後で銀テだったけど、ほんっと銀テ戦争のない世界最高。ジャニ(の一部グループ?)は年々銀テ戦争ひどくなってるからなー…(遠い目)

お相手は小野大輔でした!また次のドアで会いましょう!」と〆て終わり。
本当に夢の世界をありがとう。すっごく楽しかった!2nd Dライ、待ってます…!!


ところでひとつ疑問なのだが、声優界隈はオーラスにおけるダブルアンコールっていう文化はないんですかね?おれパラもDライもなかったけど。
あと文化の違い(?)で戸惑ったのは、手振りのやり方ね。終始感じていたんだけど、こっちは鏡写しで手振りやるのが一般的なのかな…??おれパラでもビビナイとか踊ったけど、ジャニは鏡写しじゃないから(少なくとも自分の経験上では)この辺めちゃくちゃ戸惑う…。



17日がアリーナ前方だったので、照明とかキンブレのカラチェン芸も気になるし俯瞰で観てみたいなぁ…と思って16日は直前に2階(小野さん的には3階。笑)後列のチケットを譲って頂いたのだけど、自分の選択は正しかった。アリーナ前方からでは見えない景色がたくさん見えて楽しかった。あとキンブレのカラチェン芸は本当に圧巻だし楽しい!これはジャニーズにはない文化だから超堪能した。

MCの内容もほとんど2日間同じで、MCの内容もしっかり考えて初ワンマンに挑んだんだな…って思えて、ライブに掛ける意気込みというか熱意というか、そんなものを感じたりもしました。
で、ライブ終わった後にサイドバック席でカンペ用モニターが見えたって方がMC用のメモも出てたってツイートしていて、例えとして出ていた内容に「ッ…!」ってなりましたわ…MCでカンペを用意する行為も、その書き方も、かわいいが過ぎる(頭抱え

今回で生Dエンカウント4回目で、その4回のなかで一番最接近したのが17日だったわけだけど、何回かめっちゃ目合ってる気がする…って思いつつも、「まぁ見てないんだろうけど」って即現実味溢れる思考になったから、自分つまんねぇなって思う(笑) 長年のジャニオタ生活で直接ピンポイントで貰ったファンサ以外は自分じゃないって思考になっているからなんだけど、なんていうか、こう、年甲斐もなくピュアに「今、目合ってる!>///<」って勘違いして沸きたかった…って気分にさせてくれた小野さん凄い。



ずっとソロライブを断り続けていたという小野さんが、私が本格的にファンになった頃から「ソロライブやりたい」的なことを言い始めるようになっていたので、これは決まったんだろうなって確信していたし、遠方に住む友人の去年の誕生日(2月)に、期待を込めて「小野さんのソロコンで会おうね♡」って言っていたのだけど*6、いざ発表されると、やっぱり!って思いながらも慌てふためいている自分もいて。

公演を終えて思うのは、声優歴15年の小野さんのファンに今更なったというのに、小野さんの“初めて”に立ち会えたことが単純に嬉しかった、ということ。別に古参が偉くて新規が劣ってるとかは思っていないけど、私は“初めて”に特別感を抱いているオタクなので。
それと、もっと早く小野さんのことを知って好きになっていたかったなーって改めて思ったかな。もしかしたら、“今”の小野さんだから好きになったのであって、もっと早く存在を認識していてもファンになっていなかったのかもしれないけど。

……大いなるポエジーはこの辺でやめておこう。

関ジャニ∞(オタ歴10年)/プリライ(オタ歴3年)/小野さん(オタ歴1年)の現場カブって本当にショックだったし、悩んで悩んで土日両日Dライを選んだことに後悔はないけど、でもやっぱりスッキリしきれずにもやっとしてるから、現場被せの恨みを私は一生忘れない!!!誰を恨んだら良いのかすら分からないけど!
でも、センター試験とカブった受験生よりはマシか……どう考えてもセンター試験を選択するしかないもんな。3現場カブりでギャーギャー言ってごめん。でも自分含め周りに2~3現場カブりでギャーギャー言ってるオタク多すぎだから…現場カブせは誰も幸せにならないから…。

現場カブりにより初日は一人だったけど、二日目は私をD沼に引き摺り込んで、更に沈めた友人たち(笑)と一緒に入れて本当に楽しかったし、一緒にきゃっきゃできたのは感慨深かった!
一緒に入ってくれてありがとね!これからもよろしく!(私信)

*1:と言っても事務所担&DDではないので、KinKi Kids関ジャニ∞しかよく知らない

*2:私が思うTHE王子様系キラキラ王道アイドルグループのセンター

*3:なにせド新規オタなので、自信を持っては言えない(笑)

*4:関ジャニ∞の円盤も要堂制作です

*5:小野さんをおじさん呼ばわりすると、自動的に私自身もおばさんになるのだが(ほぼ同世代)

*6:実際、彼女とはその前におれパラ両国でご一緒したのだけど